自然のやさしさに
彩られた、
気品漂う
エントランスアプローチ。

レジデンスとしての風格ある構えを演出したエントランスアプローチ。
春の訪れを知らせるサクラをシンボルツリーとして、自然が醸し出すやさしさで彩りました。
豊かな風合いを伝えるタイルをはじめ、上質なマテリアルを調和させて、
プライベートシーンのプロローグとなる空間を描き上げました。

上町台地の景に、
ひときわの格調を記す
モダンレジデンス。

独立性の高い角地に佇む、
意匠を凝らした誇り高き邸宅。

敷地全体の通風・採光性と独立性に優れ、フォルムの存在感が際立つ角地。個性的なファサードを演出するトリプルマリオンや、モダンな印象を添えるガラス手摺りを採用するなど、デザインに趣向を凝らしました。また、1フロア4邸として角住戸率50%を実現し、プライバシー性の高い上質な心地よさを実現しています。

 

ミュージアムのテイストがさりげなく香る、端正な表情のエントランスホール。

お帰りになったご家族を静穏な空気でつつむ洗練されたエントランスホール。
スポットライトが効果的に印象づける壁面デザインや間接照明の光を広げる折上天井、多彩な素材が生む優れた質感など迎賓の空間にふさわしい意匠です。
ご歓談や待ち合わせにご利用いただけるソファも設け、交流の場としても演出しました。

四天王寺に相応しき、
風格ある空間造形。

DESIGN

歴史ある地に新たな美を描く、
洗練された都心邸宅の佇まい。

敷地の2面が開かれた、フォルムの美がひときわ映える角地に佇む「クレヴィア四天王寺前夕陽ヶ丘」。気品を感じさせるホワイト系タイルを基調として、基壇部分には重厚感を添えるブラウン系タイルを採用しました。さらに、マリオンによって伸びやかな印象を添えるなど、都市の感性を印象づける格別のレジデンスです。

MATERIAL

モダンな表情を描く、
風合い豊かなマテリアル。

植栽帯には、自然の風合い豊かなサビ石を石組みし、エントランスまわりを格調高く仕上げました。低層部の外壁にはボーダータイルを用いて、フォルムの表情に繊細な変化を与えるなど、空間の造形美にこだわったデザインを施しています。また、ガラス手摺により現代的なテイストをファサードに加えました。

歳月と共に愛着を深めていく、
都心レジデンスの新たなる
価値をここに。

ARCHITECTURE DESIGNER

永都設計

[代表]後藤 輝行GOTO TERUYUKI

聖徳太子の時代から、大阪の中心的な役割を果たして来た上町台地。今もなお浪花文化を担うこの都心に、誇り高く住まうレジデンスとして空間を造形しました。暮らしへの愛着を深めながらやすらぐ上質な邸宅です。

外観

  • 外壁タイル

  • 外壁タイル

エントランスアプローチ

  • 壁面タイル

  • 壁面タイル

  • 床面タイル

エントランスホール

  • 壁面タイル

ホール

  • 柱 御影石

  • 壁面タイル

エントランスホール・ホール

  • 床面タイル

  • 床面タイル

ミュージアム仕様の
落ち着いた照明計画。

PLANT

深いやすらぎの景を創る、
豊潤な樹木のライトアップ。

陽光を浴びてきらめく瑞々しい緑の潤いから、趣のある夕暮れ時を経て、やがて落ち着いた景を演出する樹木の眺めへ。植栽を力強くライトアップすることで、奥行きや広がりを感じていただける生活空間を演出しました。深いやすらぎを実感する照明計画です。

APPROACH

やわらかな光でいざなう、
私的な印象のアプローチ。

ダウンライトやブラケットを用いながら、お帰りになったご家族が次第にリラクゼーションを深めていけるライティングプランとしました。上質なプライベートタイムへと導くように、光がアプローチを照らす演出。穏やかな雰囲気に包まれるプロローグです。

ENTRANCE HALL

エントランスホールを彩る、
癒すライティングの美学。

美術館をイメージした、アーティスティックな光のデザインで演出されたエントランスホール。スリットから漏れる光が美しい陰影を創る。やわらかな間接照明の心地よいテイスト。スポットライトによる明るいアクセントなど、目を楽しませるライティングです。

【主なプロジェクト】

・JR尼崎駅北NKビル
(第28回IALD照明デザイン賞特別賞)
(平成22年 北米照明学会 Illuminaition Awards Award of Merit)

・ダイキン工業(株)オー・ド・シエル蓼科 セミナーハウス
(平成27年 照明学会 普及賞)
(平成27年 北米照明学会 Illuminaition Awards Award of Merit)

光のやわらかな温もりで、気品に満ちた生活空間をデザインすること。

LIGHTING DESIGNER

アカリ・アンド・デザイン

[代表]ヨシノ ヒロヤス
YOSHINO HIROYASU

空間の造形、潤いを広げる樹木、質感に優れたマテリアル。建築物を構成するさまざまなファクターを、ひときわ美しく引き立てるライティングとしました。やさしい灯りによって、寛ぎに満ちた暮らしを演出します。

モダニズム建築を美しく演出する
あたたかく品のある「光」を描きました

LIGHTING DESIGNER

アカリ・アンド・デザイン

[代表]ヨシノ ヒロヤス
YOSHINO HIROYASU

美しい建築美を照らすあかりは、間接的な光をもちいる事で素材や空間を印象的に浮き上げ優雅でぬくもりのある空間を創出し、住まう方の誇りとなる住まいを目指しました。

※掲載の各完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。また外観形状の細部、設備機器等の表現を一部省略しております。尚、行政官庁の指導及び施工上の理由等により今後、計画に変更が生じる場合があります。
※植栽については、特定の季節やご入居時の状態を想定して描いたものではありません。予めご了承ください。
※共用施設の家具・調度品等につきましては、インテリアコーディネート上の理由等により、変更となる場合があります。