分譲マンションを買うなら今!  分譲マンションを買うなら今!

1%の違いで支払い額は大幅UP

現在の金利は、0.575%(優遇後金利適応の場合)と低金利になっています。例えば、1%金利が上がれば、月々1万8千円以上、総返済額で789万円以上も違います。

低金利の今がチャンス!

※借入額/4,000万円返済期間/35年※千円以下は四捨五入しています。負担額の差・・・789万円以上(正確には、7,888,954円です。)

住宅ローン控除

※適応を受けるには諸条件を満たす必要があります。※各種制度が終了すれば制度の適応は受けられません。※詳細な条件については国税庁等のホームページにてご確認ください。

終わらない家賃を、いつまで払い続けるのですか?終わらない家賃を、いつまで払い続けるのですか?

ほどよい距離で暮らしやすい関係を。
新しい家族のスタイル。ほどよい距離で暮らしやすい関係を。
新しい家族のスタイル。

近居とは、親子2世帯が近くに暮らしながら助け合う新しい居住スタイル。それぞれの世帯にとってメリットがあり、注目されています。

女性にとって出産は人生の一大事。不安なときに母親が近くにいてくれると心強いはず。出産後も身の回りの手伝いや育児アドバイス、家事の協力を受けられるので負担を軽減できます。

例えば出勤前、子供が急に熱を出したとき、親世帯が近くにいると安心して任せられます。また、親御さんの体調がすぐれない時もすぐに駆けつけられるなど、双方が安心して暮らせます。

「住宅取得等資金の贈与税の非課税」について

父母や祖父母などの直系尊属からの贈与については、 一定の条件を満たすとき、贈与税が非課税となります。

※1 住宅取得等資金の贈与の非課税の特例を受けるには 原則として、住宅取得等資金を取得した年の翌年3月15日までに 登記事項証明書等の特定の書類を提出することが必要となります。 お引渡しの時期によっては登記事項証明書等の必要な書類の発行が 申告期日までに発行されない場合があり、状況により贈与税がかかる場合 がありますので平成30年1月1日以降に贈与を受けることを推奨致します。
※2 1200万円までの非課税枠については、住宅用の家屋の新築等に係る契約の 締結日が平成28年1月1日~平成29年9月30日までとなります。 尚、今後税制の改革等により契約時期や非課税枠が変更となる場合があります。